2014年3月2日日曜日

残った仕事を終わらせて、気分よくサークルを辞めよう。

こんばんは、武藤です。

今日は一日の大半を旧サークルでの残務処理に費やすことになってしまいました。今日一日を使ってずっと作業をしていましたが、未だに一朝一夕では終わらなさそうな量の仕事が残っています。おそらくいつものようにダラダラとやっていると、あと数日くらいは軽くかかってしまいそうです。

大半のサークルがそうであるように、私が今年度まで所属していた某ボランティア団体にも「役職」というものがあります。今では世代交代も完了し、私の同期生たちがさまざまな要職に就き、来年度に向けての体制が確立しましたが、聞くところによると、来年度もまた人数不足から役職を兼任するサークル員が多数出たそうで、サークル運営は今年度よりもさらに厳しくなりそうです。しかし、その点はきっと次期チーフが上手いことやってくれることでしょう。それはもはや私の関知するところではありません。そもそもこの次期チーフが気に入らないことがこのサークルを辞める一つのきっかけになったわけだし…

そんなこんなで、来年度から私は「役職なし」の幽霊部員になるわけですが、それでも今年度まではしっかりと役職に就いていて、その仕事を完了させないことにはおちおち「幽霊化」できそうもないので、まとまった時間の取れるこの時期に一気に終わらせてしまおうと考えました。

ちなみに、今年度私は一般的に「副チーフ」と呼ばれるそこそこ重要なポジションにいました。主な仕事は新入生・2年生の連携強化および活動呼びかけや、サークル運営上の方針決定に関するアドバイスなど多岐にわたる…ように見えますが、実際は副チーフとしての仕事などほとんどありませんでした。その辺に関して文句がないわけではないですが、もはや過ぎたことなので敢えて多くは語りません。それよりも私の主な仕事といえば、「記録」という役職に関するものが多かったように思います。

この役職は、主にサークルで所有している撮影機材の管理と、撮影したもの(静止画・動画)をすぐにアクセスできる媒体にしてサークル員に共有するために設けられているもので、私は今年度は先述の「副チーフ」と「記録」という役職を兼任していました。こちらの仕事は特性上、何かしらの行事がある度に仕事が増えてくるので、ちょっと放置しているとすぐ仕事が溜まります。そして、その仕事を今年度の後期から丸投げし続けていた結果、今になってこのような惨状を招いている…というわけです。

率直に言わせていただきますと、この程度の残務処理にまさかこれほど時間がかかるとは夢にも思っていませんでした…。今日は主に夏合宿でのボランティアの内容を記録した動画ファイルをDVDにする作業をしていましたが、これがなかなかにクセモノで、昼過ぎから作業を始めているのにも関わらず未だ終わりが見えません。

私はただの文系学生なので、PCの技術に関してはそれほど自信がありません。もちろん、これまでインターネットというものに親しんでいた経験から、ブログサービスの使い方やオンラインゲームなどの操作方法などといった、「オタク」的な技術ならば多少は持っていますが、今回の仕事に関して言えばそれらのスキルは全くもって使い物になりません。そのためまずは仕事をするためのスキルを学ぶところから始めなければならず、そのせいで余計に時間がかかっています。

今は一応、おおまかなプロセスを理解して実際にアプリケーションを動かしているところですが、これにまた非常に長い時間がかかっていて作業が思うように進みません。



こんな感じで、いわゆる「エンコード」と呼ばれる作業と、エンコードされた動画ファイルをDVDプレイヤーで再生可能な形式(.isoファイル)に変換してDVDに記録する作業を同時に行っていますが、画像を見るとわかりますように、このエンコードという作業に非常に多くの時間がかかっていて、全く効率的とはいえません。

しかし、いくら非効率的とはいえ、ここまでの作業の結果、時間さえかければできることは間違いなさそうなので、あとはPCと私の根比べとなりそうです。一応、今使っているPCはそこそこの性能があるので、今使っているこのメイン機には、久しぶりに思いっきり働いてもらうことにします。

願わくば、 明日はなるべく早くDVDの作成作業を終わらせて、景気良く遊びに出たいものですね。今は二冊ほど欲しい本があるので、明日は久しぶりに一人だけで悠々と書店を巡りたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿